知っておきたいポツポツ肌の予防法とは?

首周りに小さなイボが多発することから、首イボと呼ばれるようになった首イボですが、首だけでなく胸や脇の下など、皮膚が薄いところに出来やすくなっています。

 

老化や体質、服、アクセサリーによる摩擦、乾燥、紫外線などの刺激。

 

これらの要素が重なって首イボは出来てしまいます。

 

では、首イボを放っておくとどうなるのでしょうか?

 

実際、痛みがないので、そのまま放置してしまう人は結構います。

 

しかし、イボは自然と治ることはありません。

 

それどころか、大きくなったり、目立つ色に変化してしまいます。

 

気付いたらこんなに増えていた・・・という方も多いのではないですか?

 

出来てから治療する方法ももちろんありますが、ここでは、首イボの予防法をまとめてみました。

 

 

首イボは摩擦や紫外線などの皮膚ダメージが、徐々に蓄積して出来てしまいます。

 

次第に皮膚の細胞が増殖してしまい、盛り上がるようになってきます。

 

ですから、まず刺激を受けないようにすることですよね。

 

皮膚同士や衣類の摩擦をなるべく防ぐことが肝心です。

 

例えば、首まわりを刺激しない洋服を選ぶ。

 

下着の締め付けのキツクないものを選ぶ。

 

アクセサリーもなるべくつけないようにした方がいいでしょう。

 

 

もう一つの原因「加齢」ですが、加齢は知らない内に進んでいます。

 

それは、日々受けるダメージが蓄積していっているということです。

 

ですから、皮膚の乾燥にも気を付けないといけません。

 

自分でできる予防法としては・・・

 

スキンケアの際に顔だけでなく、首やデコルテにもクリームを塗りましょう。

 

夏ではなくても、一年中、首やデコルテも潤いを持たせましょう。

 

肌が潤っていると、服や下着による摩擦を減らすことが出来ます。

 

 

また、首イボは皮膚の新陳代謝が悪くなるのも原因となっています。

 

 

半身浴でデトックスしたり、適度な運動を心掛ける、植物オイルでマッサージする。

 

など、普段の生活に少し工夫を加えることで、首イボの予防になります。

 

 

ハトムギが効くということも証明されていますので、ハト麦茶を飲んだり、ハトムギエキスのスキンケアを活用するのもいいかもしれません。

 

 

日々の生活の中で予防していくことは、とても大切ですね。

 

 

関連ページ

首イボの原因って?
女性なら首イボができたら悩みますよね?首イボの原因を知ることで、予防もできます。ここでは首イボの原因をご紹介します。
ポツポツが出来たら必須!ヨクイニンのマルチな働きとは?
首イボにはヨクイニンの力が必要ですが、ヨクイニンは首イボだけでなく、マルチに効果を発揮するんです!
首イボを撃退する市販の薬はあるのか?
病院に抵抗のありかたに、首イボ撃退の市販のお薬を紹介します。首イボを焦らずじっくり治すなら、市販のお薬もアリですよ。
首イボの取り方教えて!
首イボは病院での取り方と、自分でできる取り方があります。首イボで悩んでいる人には是非知ってほしい、取り方を教えます。