首イボの取り方教えて!

首イボは病院で取ってもらう方法もありますし、自分で取る方法もあります。

 

 

お金に余裕があり、治りが早い方がいいという方は、病院に行くのもいいですよね。

 

逆に、お金をかけずに、自分の好きな時間に行る方がいいという方は、自分で取る方法もあります。

 

 

まずは病院での取り方をご紹介します。

 

 

・液体窒素

 

マイナス196度の液体窒素を、イボに押し付けてイボを凍らせます。

 

凍ったら1、2週間でかさぶたになり、自然にぽろっと取れます

 

一度の治療では治らず、平均して5回は通院が必要です。

 

治療中に痛みを強く感じます。

 

また、色素沈着してしまう恐れもあります。

 

保険がきくので低価格でできる。

 

 

 

・ハサミで切り落とす

 

突起したイボをハサミで切り取る方法。

 

小さいサイズであれば出血も少ないですし、痛みも感じません。

 

 

・炭酸ガスレーザー

 

肌に負担を与えないのは、この炭酸ガスレーザーです。

 

イボを丸ごと削る治療です。

 

麻酔のテープやクリームをつけるので、痛みをコントロールしてから施術ができます。

 

全額自己負担で費用はかかりますが、それでも再発しにくいという理由で、高くても利用する方は多いようです。

 

 

病院に頼らず自分で取りたい方は・・・

 

 

市販の首イボ用のお薬を飲む。

 

ハトムギ茶を飲む。

 

または、専用の化粧品でケアすることもできます。

 

特に、ヨクイニンエキス配合の化粧品はお勧めです。

 

 

自宅でのケアでは、お風呂上りや洗顔後の、お肌が清潔な状態で、イボのある部分や首元、デコルテに、専用のゲルやクリームを塗りながら、マッサージをするのがいいでしょう。

 

一日やっただけで効果は表れませんが、毎日マッサージを続けることにより、イボの状態が変化し、自然と跡を残さずキレイに取れます。

 

 

自宅でのケアならば、治療しているというよりも、日ごろやっているスキンケア感覚で、毎日無意識に続けられますよね。

 

 

イボのないキレイな肌を取り戻すには、病院での治療、自宅での保湿、マッサージなど、色々な方法が選択できます

 

 

関連ページ

首イボの原因って?
女性なら首イボができたら悩みますよね?首イボの原因を知ることで、予防もできます。ここでは首イボの原因をご紹介します。
知っておきたいポツポツのお肌の予防法とは?
首イボは放っておくと治りません。普段からの予防が大事なんです!首イボを繰り返さないためにも、正しい予防法を知りましょう。
ポツポツが出来たら必須!ヨクイニンのマルチな働きとは?
首イボにはヨクイニンの力が必要ですが、ヨクイニンは首イボだけでなく、マルチに効果を発揮するんです!
首イボを撃退する市販の薬はあるのか?
病院に抵抗のありかたに、首イボ撃退の市販のお薬を紹介します。首イボを焦らずじっくり治すなら、市販のお薬もアリですよ。